インプラント治療

インプラント治療は外見からでは天然の歯と見分けがつかないようにする事が出来ます。
インプラントを用いると入れ歯とは異なり顎の骨にしっかり固定され、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛む事が出来ます。しかし、歯を失った原因を改善せずにインプラント治療を行ってはインプラントを長く機能させる事は難しいでしょう。また、インプランは術後の管理を怠りますと歯周病と似たような症状になることもあります。したがって、ご家庭と診療室で適切な管理を行う事が大切です。

日本ではインプラント治療を多くの一般歯科医院で行なっておりますが、欧米でのインプラント治療は歯周病専門医が行うこととされています。インプラント治療は歯周病専門医院である、いいの歯科医院にお任せ下さい。

従来の治療法との違い

今までの治療法との違いをご説明します。

インプラント 治療

インプラント治療症例

40代の女性の治療症例をご紹介します。

インプラント症例 初診時
初診時、下顎の左奥に部分入れ歯が入っています。
取り外しする入れ歯ではなく、固定された治療をご希望です。
インプラント症例 治療中
治療中、顎の骨にインプラントを植える手術をしました。手術は1~2時間で終了。 左レントゲン写真は手術前、右レントゲン写真は手術後です。
インプラント症例 治療後
治療後、白い人工の歯を入れました。(左の奥から2本の白い歯がインプラントです。)
自分の歯の様に食事や会話が出来ます。 部分義歯にある金属のバネもなく、審美的に治せました。